記事一覧

山陰乗り鉄(松江エリア)

こんにちは。松江の乗り鉄かねやんです。
みなさんはゴールデンウイーク期間中はどのように過ごされたでしょうか。
連休中は天候もイマイチでダイヤも乱れたりしていましたが、最終日は天候も回復したのでチョイ乗りしてきましたよ。
先月は三江線を計画していましたが、その日は強風などの影響で運休、山陰本線も2時間以上遅れたので、今回ももしかして‥と不安もありましたが、大丈夫でした。
さて、今回の乗り鉄では

に乗りました。みなさんご存知の「やくも」ですね。
乗り心地に関しては振り子式の関係であまりよくありませんが、スピードアップに貢献してきたのも事実であり、山陰の名車ですね。
とはいうものの、タイトルの通り、チョイ乗りですので、安来まで‥
東松江、揖屋をすっ飛ばし、荒島では普通列車を待たせ、優越感はありますよね😃
しかし、松江から安来の区間が15分少々なので物足りない😓
しかし、やくもの快適さも一瞬ですが満喫できました。
ちなみに当日はゴールデンウイーク中ということもあり9両編成❗️

安来駅じゃ収まりません😣
さて、安来からのターンは

まつか‥ではなく121で❗️
うーん、やっぱり乗車率は極めて高い‥
けど、

で降車です。
荒島駅で降りることもあまりないので、敢えて降りて観察してみました。

無人駅で、利用客も極めて少ないのですが、ホームは三つあり、待ち合わせも可能な駅です。
しばらく待つと‥

が通過します。
やっぱり綺麗な車体はピカピカに輝いております😃
東松江の方が撮りにはよいのですが、間近の方が車両は映えますね❗️
ちなみに東松江は付近には意宇川が流れており、

結構いい感じのロケーションもあります。
ただし、スケールが足りないので、注意❗️
せっかく東松江の話題になったので、触れておきますね。
東松江といえば


ですよね。
ただし、読者のみなさんはご存知だと思いますが、貨物列車は来ませんので悪しからず。
上の写真のとおり、レールも錆び付いており、貨物もトラックで輸送されております。
鉄道の在り方も時代とともに変わっていくものですが、この貨物駅もその一つかもしれませんね。
東松江はなかなか奥の深い駅なので、降り鉄には申し分ないと思いますが、次の列車に合わせようと思うと時間は足りないのでご注意を❗️
今回はここまでにしときますが、また機会があれば東松江も取り上げたいと思いますのでお楽しみに😃
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント